絶望限界虚無オタク録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶望限界虚無オタク録

オタクブログと備忘録と日本語の体操

『ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール』感想(※ネタバレ注意)

f:id:fooranshi:20170322003645j:plain

ついに見てしまいました。劇場版SAO

劇場版としてSAOとしてよく出来ていたんじゃないかなと思いました。

 

VRに代わるかのようにARが台頭しているところから話は始まります。

生活の中にSF的デバイスが溶け込んでいるのは近未来感がありますね。

ただ、キリト君はあまりお気に召さない様子。ネトゲ廃人の鑑。

VRとARの対比は、現実にも即しているようで面白いです。(ネトゲとソシャゲ)

作中ではARは安全と強調されますが、全然そんなことはなさそう。普通に色々危なそう。

AR上でのゲーム、「オーディナル・スケール」が大流行。

これは完全にポケモンGO

しかし、このゲームは東工大ギーク'sによる陰謀なのだった。

SAOで命を落とした女の子を人工知能にするためにはSAOサバイバーの記憶を抜き取る必要があるらしい。

 

???「バックアップとるべきだろ常考。情弱乙!w」

f:id:fooranshi:20170322010412j:plain

 

アスナオーディナル・スケールをプレイ中にゲームオーバーし、SAO時代の記憶を奪われる。

現実世界なので緊張感を出すために、記憶の消失で擬似的な死を表現していますね。

SAO時代の記憶を奪われ、なんとなくNTR状態になってしまい、キリトの怒りが有頂天になった。

東工大ギーク'sの片割れに突っかかるがハイスラでボコられる。

さすが東工大は格が違った。

そこからキリト君はオーディナル・スケールでのランキングを上げるために奔走する。

ほぼ一人でボスを次々と撃破していく。

f:id:fooranshi:20170322013851j:plain

リアルなら2chとかツイッターで晒されそう。

 

ライブ会場でのギークとの再戦はキリト君がパワードスーツ破壊して終了。

f:id:fooranshi:20170322015109g:plain

この研究室はなんなんですかねえ……。

 

ユナとかいうシャロンアップルのライブはSAOサバイバーを一網打尽にして記憶を抽出されるための罠だった。

なんかよく分からないが(文系並みの感想)その場にいる人間は逆に頭がおかしくなって死ぬらしい。

さらに実はオーディナル・スケールはSAOの旧サーバを使っていることが分かり、AR機器はフルダイブの機能のついていた。

とりあえず100層のボス倒せばいいらしい。とてもわかりやすい。

f:id:fooranshi:20170322014537j:plain

α版SAOの100層ボスをこれまで出会った皆で倒します。

シノンが普通に銃を持ちこんでたのが面白かったです。

ユイとかいうチートのおかげで絶望感はあまりなかったですが、作画はよく動いていて凄かったと思います。

なんやかんや倒してなんやかんや終了。

 

味方の役人が実は悪そうだった。(小並)

f:id:fooranshi:20170322015229j:plain

原作読んでると分かるんですかね。ぼくはアニメしか見てないのでわかりませんが。

 

さいごにぼくが一番笑ったのは、

「2026年でも島根にパソコンはない」

という事実でした。

f:id:fooranshi:20170322015635j:plain

以上