絶望限界虚無オタク日記(仮)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶望限界虚無オタク録

オタクブログと備忘録

『ガールズ&パンツァー フェイズ エリカ』を買ったわに!(感想)

f:id:fooranshi:20170313165800j:plain

巷で噂のガールズ&パンツァー フェイズ エリカ』を買ったわに!

https://g.bookwalker.jp/book/item/B17213918/?adpcnt=7qM_SasK

 

好きな動物はワニでお馴染み*1、逸見エリカが主人公のスピンオフ。

昨年2016年ナンバーワンアニメであるガルパン((のコミカライズですね。

 

この逸見エリカって奴を知らないって人はアニメ、見よう!

 

タイトルにもある『フェイズ エリカ』は、黒森峰中等部に入った逸見エリカ視点の過去編。

オタクは過去編によってキャラクターが掘り下げられるのが好きなのでこれは嬉しいですね。

帯にも書いてありますが、アニメ版主人公、西住みほとのファーストコンタクトです。

二人の因縁はここから始まったそうです。

 

うう♡ 西住サンドウィッチ逸見バーガーのはじまりだぁ♡

 

入学した時の逸見はめっちゃ目をきらきらさせてテンションも高いです。

数年後はあんな感じになってしまうと思うと、自然に笑みがこぼれます。

 

みほの姉である西住まほは、エリカ入学時点ですでに隊長でした。

しかも、高等部での隊長の座も確約されているようです。

いくら家元で強いと言っても、先輩の立場なさすぎですよね。

 

そんな逸見はまほに憧れて黒森峰に入学。

練習を褒められてウッキウキの逸見の喜びも束の間、

一年生入隊即日、副隊長が変更。

副隊長はもちろん、西住みほ。

それでいいのか黒森峰。

西住流との癒着が露骨すぎますね。

 

黒森峰の闇よりも同じ一年で抜擢を受けるみほが気に入らない逸見。

逸見は本編からして副隊長だったこともあり、中学時代からも優秀に描かれています。

 

一方、みほの活躍は芳しくなく、練習でもうまくいかなかったり、上級生をまとめきれなかったりします。

「西住流」として「黒森峰」としてとまほからも叱責を受けてしまいます。

中学に入ってからみほに対してのスタンス(リトルアーミー)が変わったのでしょうか。

 

逸見は、そんなただの七光りな(逸見的に)みほが副隊長にはふさわしくないと、みほとの試合の申し出る。

しかも負けたら自分が戦車道をやめるという宣言。

漫画特有の何かを賭けた試合ですね。王道を抑えた転回。これはオタクが喜びます。

 

試合は、意外にも(逸見的に)みほが先手先手で終始優勢。

逸見もなんとか食らいついて辛勝する。

 

ところが、それはみほの舐めプの結果であった。

倒そうと思えば三回は倒せたようです。やっぱり軍神じゃないか……。

 

手加減されたことにブチ切れてみほを平手打する逸見。

自分や仲間の本気を侮辱されたと怒る逸見は意外にアツい奴だった。

 

その後、まほとばったり会う逸見。

試合のことを褒められるも

「逸見にはぜひみほのそういう弱い部分のフォローなどで副隊長を支えていってもらいたい」

とのお言葉。まほはどこまでもみほのことしか考えていません。(まほお姉ちゃんは天然なのでセーフ)

同級生で結構強いっぽいし、みほの補佐よろしくってことですし、これには逸見はあったまり。

逸見バーガーの出来上がりですね♡

うう♡ 不憫萌え♡

 

ちなみに1巻で一番好きな逸見の台詞。

「なにっ!? なにが起きている!? あの距離で外した!?」

「これは 天佑かっ!?」

※みほはわざと外しています。

 

 

 

そういえばこれはネットで普通に読めます。読もう(ダイマ)

ぼくは単行本買ってお布施しました。

comic-walker.com

*1:誤植から生まれた二次創作設定。フェイズ エリカにも逆輸入された。