絶望限界虚無オタク録

絶望限界虚無オタク録

オタクブログと備忘録と日本語の体操

例の『キンプラ(KING OF PRISM ‐PLIDE the HERO‐)』を見てしまった【感想】(※ネタバレ注意)

f:id:fooranshi:20170717133535p:plain

 

例の『キンプラ(KING OF PRISM ‐PLIDE the HERO‐)』をやっと見て来ました。

# この記事タイトルががちゃがちゃしていますね。

 

色々話題になった『キンプリ』の続編です。

一応感想書きます。なんか怒られるような気もしないので、和を保つために先に謝っておきます。(初手謝罪安定)

まず一言で言うと前作以上にめちゃくちゃでした。

 

といっても全体の構成自体は普通に王道です。

序盤で問題が起こり、それに対してキャラクターたちは葛藤します。後のカタルシスに向かうためにここで視聴者にフラストレーションをかけています。

終盤は絢爛で勢いのあるライブシーンで一気に盛り立てるという具合です。

 

序盤の問題はこの作品において象徴的な楽曲『pride』が使えなくなったり、敵サイドの金と権力によって主人公サイドがどんどん追い詰められて、なんかついに解散の危機になったりします。

いわゆる廃校ピンチ*1的な奴。しっかりトレンドを押さえた構成になってますね。

『pride』が使えないというファンにとっては「ええ!? なにそれ!?」というキャッチーなところが起点となっているので、ピンチの連鎖も論理的です。

まぁ、色々言いましたが、登場人物たちがなんかやべえってなってるだけです。

 

その状況はなんか大会的なもので勝てば解消されるんですが、ヒロは前述の『pride』が使えなかったり、そこから来る精神失調。しかも、親友のコウジに必要以上にボコられて、体力も三井寿みたいになってしまいます。

 

そんな絶望の淵にいたヒロはなんとカレーを食べて立ち直ります。

f:id:fooranshi:20170717200453j:plain

 

なんかカレーの味に謎の暗号が含まれていたようです。ぼくはコナン君が少ないヒントで「そうか、わかったぞ」って言ってるシーンを見ている気分になりました。こっちはまったく分かっていません。

そして味をどうやって再現したのかも分かりません。

 

ぼくはテレビシリーズ*2とか見てなかったんでアレですけどこのカレーにどれだけの伏線があるんでしょうか。あれば感動的なシーンな気もしますけどぼくは知らないのでここはギャグなのかなと思っちゃいました。

f:id:fooranshi:20170717200353j:plain

よく分からないけど、復活して大会の準備が整ったんだなってことが分かりました。

 

一方、オバレ*3のメンバーであるカヅキは、更なる強さを求めてモヒカンと金網デスマッチしてたり、滝に打たれていたりした。

こっちは修行して順調ですね。

f:id:fooranshi:20170717212847j:plain

 

 

はい、大会ですね。

大会は敵サイドに審査員が買収されていたり、観客の大部分がサクラだったりと不利な状態。(TVの風刺か何か?)

審査は審査員と観客の点数で行われるんですが、観客の点数は装着したデバイスによって感情を計られて集計されるものという。

なにそれこわい。というか万全を期すならそんな不安定なもの使わずにボールを流して投票*4するようにすればよかったのに。

 

大会、というかプリズムショーはさすがに文章では表現不可なので、脳みそに焼きついたその映像を思い出してみて下さい。

 

まぁただ、会場が爆弾攻勢とか龍虎の激突によって破壊され、それが魔神英雄伝ワタルによって再生されたとかです。

# はっきし言ってワタルとか世代じゃないんですが、世代の人はあの決め台詞が耳に残っているんじゃないでしょうか。

魔神英雄伝ワタル 次回予告集01 by munieru アニメ/動画 - ニコニコ動画

 

最終的にはエア友達の従者を引き連れてヒロが王様になったりします。

f:id:fooranshi:20170717202847j:plain

ついにヒロがプリズムキングになりました。

# ちなみにぼくはワタルパロを除けば「地球は黄色かった」のとこで笑っちゃいました。

 

『KING OF PRISM ‐PLIDE the HERO‐』の名の通り、『キンプラ』はヒロの話といってもいいでしょう。

 

 

あとは続編について書いて終わります。

え、これ続編ありますよね。

売り上げ的にも(いかほどか知りませんが)、人気的にも、制作のモチベ的にも。

 

制作のモチベという点については本作で伏線(正しくは前振り)があったことからやる気というか構想はあるのかなと思いました。

でもまぁ、オバレの話ではやりたいこと全部やったので完結ってことでお終いって線もないっちゃないです。

 

本作における前振りっていうのは上の方で全然触れてない。

シンとルヰについてです。

とても意味深ですよね。創世のアクエリオンかな? と思いました。

# 余談ですけどルヰのプリズムショーの赤いポールのダンスはやっぱりメタファー(直球)なんですかね。

 

ルヰはりんねちゃんでFAなんでしょうか。

『pride』を使わなかったのもヒロをプリズムキングに導くためと考えると自然な気がします。

シンは前世(?)で悪そう(小並)だったので、その流れ沿うとなると敵役っぽくなってしまうかもです。(今回の件から推測するにシンが強くなりすぎちゃう?)

 

まぁそれはそれでいいんですが、そうしたときに誰が彼を止めるのかって話になると思います。

ルヰはなんとなく最初に負けそう気がしますね。今回勝って(?)ますし。

だとするとプリズムショーの楽しさを教えたオバレか、もしくはエーデルローズの仲間による友情パワーでしょうか。

f:id:fooranshi:20170717213637j:plain

 

卒業させちゃったオバレを次でも動かすのかどうかが焦点になりそうです。(続編がある前提)

 

色々言いましたけどぼくはテレビシリーズもろくに見てないにわにわかなんで適当に喋ってます。考察でもなんでもないです。

 

最後にいつもの媚を売るで終わります。

kinpri.com

ちなみにぼくは映画館では静かに見たいタイプです。応援上映の前身とも言える絶叫上映には一度も行ったことありません。 

那須温泉に行ってきた件

f:id:fooranshi:20170705011519j:plain

7/1、7/2の土日で那須温泉那須高原)に行ってきました。

 

上野から新幹線に乗って那須塩原まで。

一時間ちょっとで行けるのでめちゃ近いです。

 

そこからはレンタカーでの移動。

観光地? を回りました。

 

 

最初は「ゴシックワールド」

那須高原661st スーパースター博物館「ゴシックワールド」

661stというアメリカンな店の端にある博物館です。

説明にもあるようにアメリカ人の蝋人形とかアメリカンなグッズが置いてありました。

伊豆を思い出します。

伊豆に旅行した件 - 絶望限界虚無オタク録

ただし、地下はマジで怖いです。

 

次はクラシックカー博物館」

那須クラシックカー博物館

1900年代初頭からのクラシックカーが展示してあります。

実際に乗ったりもできます。(動かない)

車好きにはいいんじゃないでしょうか。

ぼくは『F』ごっこをしてました。

f:id:fooranshi:20170705012333j:plain

 

お昼は「ミスタービーフ」

ビッグサイズステーキ&とぎち和牛のステーキレストラン | 那須高原 ミスタービーフ

美味しかったです。(結構有名そう)

 

宿泊は「らすかる・ダイアナ」

那須の宿泊・観光に湯めぐりの宿 ホテルらすかるダイアナ【公式】

まじでラスカルがモチーフの宿でした。

宿泊は非常に安いです。安い、です。

 

夜は恒例のアニメタイム。

『茄子 アンダルシアの夏』で那須にちなんで、『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』で涙を流しました。

 

 

翌日は「アルパカ牧場 那須ビッグファーム」

アルパカ牧場 那須ビッグファーム

全アルパカが集まっているかのようでした。この時期は毛を刈られてガリガリになっていました。

 

温泉は「鹿の湯」に入りました。

那須温泉 鹿の湯l千三百年続く静寂と癒しの湯

温度のエリアがいくつかあって48℃のところは熱くて死ぬかと思いました。(入れませんでした)

 

 

その後は温泉神社

那須温泉神社(公式ホームページ)|栃木県那須郡|パワースポット|名所

 

近くの殺生石には九尾狐が封じられているそうです。

那須高原の名勝地「殺生石」は九尾の狐伝説が今も生きている | 栃木県 | トラベルjp<たびねす>

ぼくは中二病なので楽しかったです。

f:id:fooranshi:20170705013557j:plain

 

戦争博物館というところに行こうとして門構えで圧倒されて、入りませんでした。

那須戦争博物館

外から戦車とか零戦が見えました。すごいです。

 

その後は平和に「トリックアートの館」に行って帰りました。

那須高原のトリックアート美術館 | 那須とりっくあーとぴあ

 

 

ちなみに那須塩原駅の周りには何もありません。

でも東京に帰ってきて暑くて死ぬかと思いました。やっぱり高原だけあって涼しかったんですね。

 

2017年上半期、絵のまとめ

ぼくは絵師なので絵を描きます。(すっとぼけ)

タイトルの通り、2017年1月から6月まで(たぶん)

 

f:id:fooranshi:20170629213312p:image

ねこのフレンズ

 

f:id:fooranshi:20170629213348p:image

ナメクジラのフレンズ

 

f:id:fooranshi:20170629213418p:image

 

ぺんぎんのフレンズ

 

 f:id:fooranshi:20170629213514p:image

ねこのフレンズ

 

f:id:fooranshi:20170629213611p:image

フィンランドの人

 

f:id:fooranshi:20170629213635p:image

引きこもりニート

 

f:id:fooranshi:20170629213703p:image

 飛び級の人

 

f:id:fooranshi:20170629213744p:image

 

f:id:fooranshi:20170629213805p:image

いっぺん死んでみる人

 

 

 

フレンズか人が多い結果に。(分析)

ひどいですね(総評)

 

ハンドスピナーを買ってみた

f:id:fooranshi:20170619010453j:plain

話題のアレ。

90年代の謎おもちゃが流行ってる感じがして、面白かったので秋葉で買ってしまいました。

 

遊び方は回すだけ。

回してみました。

うん、うん、うん……うん。

 

 

 

回している間、片手がふさがってしまうので作業中には向かないなと思いました。

残りの手でスマホをいじるか、アニメか何かを見てるときにやるか、まぁそれくらいです。

手が4本くらいあればいいかもしれませんね。

 

あとこれを回して遊ぶタイミング。

基本的には家なんだと思いますけど、外で出来るシーンが思いつきませんでした。

 

もっとも外でしゅるしゅるさせてるのを見かけたら、ぼくは「わあ」と声を上げちゃいますが。

 

流行っているというわりには見かけません。

皆、どこでやっているのでしょうか。

今更だけどKindleを買いました。

最高の読書体験はじまりました。

買ったのは王道を往くKindle Paperwhite

f:id:fooranshi:20170617154102j:plain

↑ぼくの平均的な朝の過ごし方(大嘘)

 

ぼくは今までAmazonをなんとなく利用していませんでしたが、小売店がだらしなさすぎるのでついに利用し始めました。

 

自分の足で探して買い物をするというオタク的精神よりも文明の利便性が勝ったということです。

 

それにもうぼくの部屋には書籍を保管するところはありません。

(片付けをしていないという話もありますが)

電子書籍ならかさばる本を買っても場所には困りません。

 

活字を読んで教養を得ようというぼくらしからぬ意識の高さも電子書籍購入の後押しをしました。

スマートフォンの毒電波に乗せられてお届けされるコンテンツを消費するよりも幾分かマシだろうと思いました。(個人の見解です)

 

購入後、

「よっしょ、ウィッチーズのノベライズを全部入れちゃお!(オタク)」

と思ったときにぼくの手は止まりました。

 

にわかにオタク的物質主義が首をもたげたのです。

# ゲームでダウンロード版よりもパッケージ版を買っちゃう的な

# まだ持ってなかったのとは言わないで下さい。“にわかに”と“にわか”がかかっています(激寒解説)

 

結局ぼくは回れ右をして海外SF小説をいくつかダウンローードしました。

以前のぼくは幼稚な原点厨だったので、原文で読めないくらいなら読まないとか言っていました。

今はもう少しだけ大人なのでそんなことは言いませんでした。そもそも日本語とネットスラングしか分からないぼくの無学がいけないのですから。

 

毎朝の電車でたのしく読んでます。

アニメや映画そのものの元ネタ的な部分もありますし、勉強になります。

 

肝心のKindleの話はしてませんでした。

電子書籍、普通に便利です。

目が疲れる感じもなくて、すいすい読めます。

充電もかなり持ちそうです。

f:id:fooranshi:20170617155919p:plain

未来ずら……

 

なんとなくガルパン一番くじを引いた

なんとなく見かけたのでつい引いてしまいました。

一番くじ倶楽部 | 一番くじ ガールズ&パンツァー 劇場版 ~戦車道大作戦! PART1~

少し熱くなって4回やりました。(そんなに引いてない)

欲しい人がいれば譲ったり譲らなかったりします。

 

以下、戦利品。

 

まずは一番位の低いK賞 クリアファイルセット

f:id:fooranshi:20170603232640j:image

f:id:fooranshi:20170603232644j:image

継続高校セットでした。全23種あるのでかなりメジャーどころきました。

会社で使います。

# まほ逸見とかアンツィオとかだともっと嬉しかったです。

 

次はJ賞 ラバーストラップ

f:id:fooranshi:20170604004807j:image

島田愛里寿と西住まほでした。

次期家元コンビ。

普通に好きですね。もっと好きなやつはいますが。

 

最後です。はい当てちゃいましたビジュアルタオル。

f:id:fooranshi:20170603233157j:image

I賞 大学選抜チーム ビジュアルタオ

 

また島田愛里寿です。

一部のロリコンに大人気のキャラ。

ぼ、ぼぼぼくはそんなに好きじゃないがry

 

実際、みほまほダー様チョビとかが当たってくれると嬉しかった。

でもラバストも当たったので島田愛里寿を推していこうかなって気になりました。

 

 

島田愛里寿が無双する劇場版ガールズ&パンツァーを見て最終章に備えなきゃ(使命感)

 

ボードゲームカフェ「Caravan's Base」に遊びに行きました。

f:id:fooranshi:20170529015146j:plain

どうもぼくです。

先輩がボードゲームカフェの店を出したので遊びに行きました。(5/27)

吉祥寺にある「Caravan's Base」っていうとこです。

※詳細はHP参照

吉祥寺のボードゲームカフェ Caravan's Base

 

まるでRPGに出てくるような酒場のような店内で、色々なボードゲームが遊べちゃいます。

内装はこんな感じ。

 

f:id:fooranshi:20170529020117j:plain

こんなゲーミングテーブルがあったり

 

f:id:fooranshi:20170529020159j:plain

こんなプレイエリアがあったり

ボードゲームもたくさんありますね。これでもほんの一部です。

 

ボードゲームって近年じわじわと人気が出ていているので、興味はあるけどやったことはないって人もいるのではないでしょうか。

初心者歓迎のようなので新しい世界を開いてみるのもいいでしょう。(ダイマ)

もちろんすでにバリバリやっている人も足を運んでみて下さい。(ダイマ2)

 

あとこのブログを見ているような(そんな人間は少ないですが)オタクも行くといいでしょう。

オタクってどうせボードゲーム好きでしょ(暴言)(失礼)(お前が言うな定期)

 

今回は真面目な記事を目指しているので遊んだゲームを紹介してお茶を濁します。

 

「インサイダー・ゲーム」

f:id:fooranshi:20170529021114j:plain

インサイダー・ゲーム - Oink Games

ゲームは最初、クイズから始まります。お題を知っているマスターに、ほかの全員で自由に質問をしていきましょう。質問は必ず「はい」か「いいえ」で答えられるものだけ。

「それは生き物ですか?」「いいえ」
「100年前からありますか?」「はい」
「コンビニで売っていますか?」「いいえ」

このような質問を繰り返しながら、プレイヤーたちは正解にたどり着かなければなりません。しかも、制限時間はたったの5分。答えられなければ全員がゲームに負けたことになってしまう、かなり難しい課題です。

ところが、たいていの場合、なぜかプレイヤーたちは答えにたどり着いてしまいます。なぜならたった一人だけ、正解を知っているインサイダーがまぎれこんでいるからです。

インサイダーは正体を隠しながら、徐々に正解に近づいていくような質問を繰り出し、場を思い通りの方向に導いていくのです。インサイダーは正体がバレると負けになってしまうので、あくまでさりげなく場を誘導していかなければなりません。

クイズに正解したあとは、誰がインサイダーなのか、マスター含めた全員で議論して探っていきます。クイズと、正体探し。ふたつの楽しさが絶妙にマッチした、短時間でみんなが盛り上がれる会話ゲームになっています。

説明するのを手抜きしてHPから引用しちゃいました。(テヘペロ)

シンプルですけど、とてもハマれます。人狼に近いゲームですね。

 

Blokus

f:id:fooranshi:20170529021540j:plain

Try the Block Game Blokus: The Strategy Game for the Whole Family | Mattel Games

特定非営利活動法人 日本ブロックス協会 公式サイト

 

テトリスのようなブロックを置いて陣取りをするゲーム。

遊び方自体は簡単なのに、奥深くて難しいゲームでした。

途中から囲碁をやっているような感覚になりました。

 

 

 

色々書いてますけどぼく自身、ボードゲームは素人です。

そんなにやったことありません。

# ソリティアをするタイプのTCGはありますが

 

今回やってみてこれこそがソーシャルなゲームだなと思いました。

(多くは語らず)

 

 

そんなボードゲームが遊べる「Caravan's Base」の詳細はこちら(追いHP)

吉祥寺のボードゲームカフェ Caravan's Base

 

残念ながらぼくの名前を出しても何も起きません。