絶望限界虚無オタク録

絶望限界虚無オタク録

オタクブログと備忘録と日本語の体操

『レディ・プレイヤー1』見ました

f:id:fooranshi:20180614001427j:plain

今更ながらようやく見ることができました。

最高に面白くて開始五分でもう目が潤んでました。これはオタクによるオタクのための映画。

 

一応バレ注意。

 

 

 

じゃあ本編の話をしよう。まずは主人公。

主人公のウェイドは(つーかこの世界の人間は)現実から目を背けるためにヴァーチャル空間でのゲームにどっぷり。

あれ、これってソードアーry

f:id:fooranshi:20180614001735j:plain

f:id:fooranshi:20180614001856p:plain

これだからゆとり世代って言われるんだ。

俺は絶対に口にしないぞ。

 

というかストーリーがゲーム仕立てになっているのでむしろハンターハンターのGI編に近いですね。

f:id:fooranshi:20180614002315j:plain

# GI編で9番目ぐらいに好きなシーン

 

話を戻します。

このヴァーチャル世界はオアシスという名前で、製作者のオタクがオアシス内に隠した鍵を三つ集めると莫大な財産と共にオアシスの神(運営者)になれるという。

主人公のウェイドもハンドルネーム、†パーシヴァル†としてこのゲームに挑みます。

 

このゲームは製作者の心理を読むことが重要なので製作者について詳しい方が有利。つまり、オタクであるほど強いということ。なんてシンプルなんだ。

 

そんなこんなでゲーム内で出会った女の子(彼女はアスナ似(大嘘))や仲間たちと敵(企業としてゲーム攻略している)なんかと戦いながらゲームクリアを目指します。

この世界はオタクじゃない奴は悪い奴なのでリアルを割って来てダイレクトアタックしてきたりもしてきます。(主人公の家族が爆殺されたりします)

 

話はかなり王道で激アツですね。ゲームを通じて主人公が製作者を超えていくみたいな。うーん、すこ。

 

そして、この作品といえばやはりパロディ(もはやパロディっていうのか?)

ゲームや漫画や映画のキャラクターが湯水の如く登場します。秒単位で出現するパロディの圧倒的な情報量に脳が追いつきません。

ぼくはいいとこ作中の一割くらいしか分かってないと思います。勉強不足を痛感しましたね。

主人公の車がデロリアンだったり、AKIRAのバイクが出て来たり、はー、その時点ですこ。ウルトラマンもこっち来て。

f:id:fooranshi:20180614005515j:plain

 

 

ぼくが一番好きなシーンはもちろん……

「I choose the form of Gundam(俺はガンダムで行く)」

f:id:fooranshi:20180614005705j:plain

f:id:fooranshi:20180614003936p:plain

ここなぜかめっちゃ感極まって涙を流してました(誇張なし)

謎の感動は無人在来線爆弾以来でした。

# なんでZZなんだろう

 

あと地味に好きな場面は敵に雇われているオタクたちが主人公のゲームクリアに沸き立っているところとかですかね。

 

それと親指を立てながら溶鉱炉に沈んでいくシーンは涙無しには見られなかった(マジであったから困る)

f:id:fooranshi:20180614005435j:plain

 

ぼくはこの映画3Dで見たのでヴァーチャル世界感があってとてもよかったです。(映画館全部で五人くらいしかいなくて笑った)

いつまでやってるかよくわかってないですけど終わらないうちに観に行こう!

wwws.warnerbros.co.jp

 

 

「つぶたっぷり贅沢みかん」で日々を過ごしている

f:id:fooranshi:20180610153557j:plain

「つぶたっぷり贅沢みかん」ほんとすき。毎日飲んでる(誇張なし)

画像は大きいサイズ(160円)だけど自販機限定の小さい奴(120円)を飲んでいます。

 

ぼくは過重労働が祟るとお昼ご飯を抜くという習性(うつ病)があるんですけど、その間のぼくのタフネスを支えてくれたジュースです。

 

パッケージの文字通り粒がたっぷり入っててボリューミーなんですよね。口の中にみかんの味が広がっておいしい……おいしくない?

 

www.pokkasapporo-fb.jp

『アオイホノオ』19巻読みました(感想)

f:id:fooranshi:20180602164135j:plain

 

前回のあらすじ(?)

fooranshi.hatenablog.com

 

先月に出てたアオイホノオ。リアル多忙(インターネットマン特有の言い回し)によってこうやって感想を書くのが遅れてしまいました。

 

19巻にもなると大学時代の話というよりもだんだんと連載漫画の話になってきていよいよ吼えペンZeroみたいな感じになってきています。

 

色々自分の未熟なところを書いてたりしますけど、普通に画風確立されてるし、絵も勢いがあってすごいんだよなぁ。普通に面白いですし(風の戦士ダンも少しだけ読みました)

 

そして、漫画の資料と称してバイクを買うホノオくん。

「しかし俺はただライダーごっこがしたいわけではない!」

からの5ページにも渡る仮面ライダーOPのパロディ。それがやりたかっただけなんだよなぁ。

www.youtube.com

 

ただ、漫画の話ばっかりではなくて、ワンダーマスミ2の撮影の話で浮ついたり、相変わらずエッッッッッな津田さん……(トンコさんはどこ? ここ?)

 

そして、恒例の当時やってたアニメ談義。

ミンキーモモ

 

昔から魔女っ子アニメは……

男の子が観ても大丈夫な程、しっかりとしたクオリティーで作られていた!

 

f:id:fooranshi:20180602170048j:plain

おジャ魔女どれみのおもちゃを欲しがって親を困惑させたぼく)

 

あの頃の魔女っ子は俺たちと同年代だった…

魔女っ子は俺たちと共に成長していったジャンルなんだ…

 

ひみつのアッコちゃん」「魔法少女サリー」からの「魔法のマコちゃん」「魔女っ子メグちゃん」の流れらしい。うーん、わからん!w(ゆとり並みの感想)

※ただし、「魔女っ子チックル」「花の子ルンルン」あたりでホノオくんも分からなくなるもよう

 

しかし、「ミンキーモモ」はホノオたち同年代と同級生だという。その心は

 

一見、少女のキャラクターに見せかけてはいるが!!

その主人公の女の子がステッキを振るとちょうど俺たちくらいの年齢になるんだ!!

 キャラデザがやっているのが「宇宙戦艦ヤマト」「サイボーグ009」の人なので魔女っ子が変身すると森雪や003になるという理屈。

うーん、あっぱれオタクの鑑のような曲がった見方。さすが島本先生、素晴らしいです。

同年代には共感が生まれるということですね。

f:id:fooranshi:20180602171650j:plain

# みとみと思ったより若そうでビビってます

 

OPの作画で盛り上がるホノオたち

www.youtube.com

# こらすごい

 

はぁー、俺ももっとこういうふうな言い回しが出来るオタクになろう。なんだかんだちゃんと説明できないとダメだよな。(こち亀への否定)

f:id:fooranshi:20180602171403j:plain

 

そんな大学生的なこともしながら連載作家としてダンの一話が乗ったサンデーが発売。

相変わらずアオイホノオ作中でセルフリメイクしてるの面白い。比べて見るとさすがに絵がかなり上手くなってますね。

 

その勢いのまま2話目を描いていてついついページ数を2ページ多く描いてしまうホノオくん。大ゴマを削ってページの削減をします。

いつでも減らせる無駄な大ゴマを、必ず入れておくことにしよう!!

だから島本先生の漫画ってry

 

 

さて、アオイホノオが吼えペンと決定的に違うのは別サイドの話があること。

むしろこっちの方の話のが興味深かったり(島本先生ごめんなさい)

 

通称、ガイナックスパート(勝手にぼくが言ってるだけ)

東京に来ていた山賀はなんとあのマクロスOPの絵コンテをやることに。

www.youtube.com

 

このクッソかっこいいOPを山賀が!!!??? みたいなことを島本先生も言ってました(笑)

 

山賀のいない大阪では庵野らが次のフィルムを撮ろうと動き出しています。次……ダイコン4かな?(圧倒的なクオリティにダメージを受ける)

 

飲み会の場において学生、アマチュアならではのタブーに溢れたアンタッチャブルなネタ出しが勃発。

www.youtube.com

# すげえ……

 

庵野ゴジラの次、ウルトラマンを頼むで!(エヴァが実質そうとも言えるという言説)

 

19巻のラストは赤井が水着の美女にどぎまぎするという謎の終わり方。

20巻ではダイコンフィルムのパートが多く占めそうで期待大ですね。

 

『アベンジャーズ/インフィニティ・ ウォー』見た

f:id:fooranshi:20180506192920j:plain

 見てきました。6月に入りましたけど実際に見たのは結構前ですね。

いやー、色々すごかったですね。

 

ぼくもMCU全部見てるわけじゃないにわにわかですけど、すごかったですね(語彙力喪失)

 

初っ端からソーとあのハルクとホークアイさんがサノスにボコられてて驚きましたし、

地球に来たサノスの部下とアイアンマン、ストレンジ、スパイディ、ホークアイが戦ってストレンジ攫われちゃうし

ヴィジョンとワンダもサノスの部下にボコられてキャップチームwithホークアイに助けられたり

かなり押されてましたね。

インフィニティストーンも後期のドラゴンボール並みにぽんぽん集められてましたね。

※インフィニティストーンを全部集めると指パッチンだけで人を消すことが出来るのだ!

最後にホークアイさんが頭に矢を放っていれば……

そして、ラストの絶望感

助けて!キャプテン○○○○!(微ネタバレ) 

 

続きは来年ですね。

それまでに全作品見なきゃ(使命感)

 

アベンジャーズ/インフィニティ・ ウォーまだまだやってます。

アベンジャーズ→ウルトロン→シビルウォーで最低限観れるので(ほんとか?)劇場で観ちゃおう

f:id:fooranshi:20180602132716j:plain

 

 

 

 

 

伊豆行ってきたwith沼津

f:id:fooranshi:20180602130930j:plain

 

伊豆行ってきました(5/19-20)

こいついつも伊豆行ってんな(去年も行ってる)

fooranshi.hatenablog.com

 

なぜかパターゴルフをして、あとは宿行って鍋作ってアニメ見てました。

例によってにんにくマシマシのやべー鍋を作って部屋をにんにくで破壊してきました。

 

帰りはラブライブ!サンシャイン!!を見ながら沼津行ってさわやか食べてきました。一時間くらいで入れてよかったです。

f:id:fooranshi:20180602130711j:plain

f:id:fooranshi:20180602130819j:plain

 

でもまぁ温泉は気持ちいいですね。隙あれば温泉行きたい。次は遠出かなーやっぱw

 

 

 

『ガールズ&パンツァー フェイズ エリカ3』を買ったわにわに!(感想)

f:id:fooranshi:20180506222157j:plain

 

発売してたの気がつきませんでした。やっと買って読めましたよ。

これは前回の感想、の続きですね

fooranshi.hatenablog.com

 

継続高校との練習試合の続きですね。

 

継続の奇策によってまほが率いる本隊が包囲を受けてしまいます。

また、みほとエリカも敵の足止めを受けて本隊と分断されてしまいます。

 

ん?

みほとエリカの共闘じゃないか!(帯にもそんなことが書いてあった)

実質じゃなくて本質的にもみほエリですね。

 

が、そこに現れる赤い彗星……。

f:id:fooranshi:20180506223033j:plain

シャアとかではなく赤星小梅さんですね。

フェイズエリカでは助けられる前からみほスキーな模様。

 

敵の強力な足止めを破るも赤星、逸見がやられてしまいます。

しかし、足止めを抜けたみほがミカを撃破して本隊に合流。

f:id:fooranshi:20180506223353j:plain

まぁ出会い頭みたいなとこあるから仕方ないね。

 

 

さて、フェイズエリカはこの巻で最終巻でもあります。

唐突に最終話になって「えっ」となりました。

 

せっかく継続戦で距離が近づいたと思ったのに。もっと仲良しみほエリ見たかった……。

でもこれは続きは自分たちの手で作り上げろ! ということで分かります。

 

 

最終話は第62回戦車道全国高校生大会。

あっ(察し)

皆さんご存知これはみほのせいで(みほのせいじゃないよ!)黒森峰が連覇を逃してしまいます。

 

決勝での敗北の責任を取って学校を辞めるみほ。

そんなみほをエリカはベッドに押し倒します。

f:id:fooranshi:20180506224232j:plain

はい、真面目に行きましょう。

 

勝気な逸見的には逃げるみほに対して感情を露わにしますが、みほは戦車道をやる意味を見失い、ただ「ごめんなさい」と繰り返します。

 

みほが助けた生徒のほとんど(赤星以外)が転校したの闇が深すぎるんだよぁ。

f:id:fooranshi:20180506224750j:plain

 

みほも転校して逸見は決意を新たに髪を切ります。

これ実質失恋して髪切る奴だよね。

 

ここは「黒森峰」!

強さを求め––

戦車道をする者たちを「峰」!!

わたしが隊長を支える!

副隊長(みほ)もどこかで見てるといいわっ!

黒森峰にわたしがいるということを

見せつけてやるっ!! 

最後に黒森峰として戦っていくことを表明。

はえ〜、かっこいい逸見。これが本来の逸見なんだよなぁ。

 

なおみほ

f:id:fooranshi:20180506225524j:plain

転校してクッソ嬉しそう。

 

ガルパンゼロとしてのフェイズエリカ。かっこかわいいエリカが見れるのはここまで、ここから先は面白かわいいエリカになっていくんだよなぁ。

f:id:fooranshi:20180506225855j:plain

 

最終章も頑張れよ! 逸見!

負けるな逸見!!

 

 

劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』見た(※ネタバレ注意)

f:id:fooranshi:20180506193840p:plain

 

前回の映画の感想はこれ

fooranshi.hatenablog.com

 

噂のアレを見てきました。

まーた実質ガンダムでした。(詳細は後述)

今回は割と難解な話でちびっ子には難しそうだなと思いました。

 

そういえば今回のタイトルの読み方は水樹奈々的じゃありませんでしたね。(迷宮の十字路(クロスロード)的な)

 

冒頭は作中内で東京サミット開催のニュースから。

東京サミットのための新しい建造物……あっ(察し)

壊されそう(確信)

 

また、人工衛星の『はくちょう』が落ちてくるというニュースも。

あっ(察し)

落ちてきそう(確信)

 

というバレバレなフラグの中、いきなり建物が爆破されます。

しかも、その犯人が毛利小五郎とかいう。

公安警察による工作ですね(バレバレ)

 

話としては小五郎の濡れ衣を晴らそうとコナンが動き出すというものです。

 

公安だったり、警察だったり、検察だったりの説明が結構あって犯人が分かります。

犯人は公安警察に恨みを持つホモの検事でした。

 

自分の協力者(男)を公安警察に殺されたと思い込んで、警視庁に人工衛星(正確にはその部品)を落とそうとします。

f:id:fooranshi:20180506195652j:plain

逆シャアじゃねーか!

(赤井さんは出てきません)

 

なんやかんやで軌道を逸らしたら今度は蘭がいる建物に人工衛星(正確にはその部品)が落ちてきそうに。(申し訳程度のヒロイン要素)

 

その落下もコナン特有の頭おかしいアクションでなんとか食い止めることが出来ました。

花火サッカーボール君(最近の劇場版皆勤賞)も頑張ってましたね。

f:id:fooranshi:20180506215953j:plain

f:id:fooranshi:20180506220225j:plain

人工衛星を止めるイメージ画像) 

 

総評として公安は怖いのでテロ活動はやめようと思いました。

 

 

劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』は絶賛上映中です。

www.conan-movie.jp

 

あ、次の映画はキッドですね。

もう黒の組織と大阪とキッドとかで延々と回していけそう。