限界虚無オタク録

限界虚無オタク録

アニメや漫画の感想を書いたり、たまに日常のことだったりのオタクブログ。

『コードギアス 復活のルルーシュ』見てきた【感想】※ネタバレ注意

f:id:fooranshi:20190212234327j:plain

見てきました。

十年の時を経ての完全新作映画。多感な時期に見ていて思い入れのある(当時から割とうがった見方してた)作品なのでどうなることかと思いましたけど、なかなか上手くまとめていたなぁと僕は思いました。

ただ、良く言うとテンポがいい、悪く言うとサクサク進みすぎという印象は否めませんでした。良くも悪くも劇場版という感じ。なんて言っておきながらもギアスの続編としてちゃんとしてると思うし、キャラクターたちもオールスターが如く登場していてファンディスク的な要素もあって楽しかったです。

 

ということでここからは本編のネタバレを含んだ話をしていこうと思います。

 

 

 

まず最初にこれだけは……

C.C.大勝利!!!!!!

エンディング前のラスト三十秒で全てを持って行かれました。やっぱりC.C.がナンバーワン!(推しを隠し気ゼロ)

 

あとルルーシュはふつーに生きてましたね。

コードを中途半端に受けて半不死身みたいになって精神は死んだけど肉体は生きてたみたいな状態に。精神崩壊後のカミーユかな?

f:id:fooranshi:20190212235732j:plain

C.C.に介護されたい人生だった。

 

C.C.は意識がないルルーシュを連れてCの世界にアクセスしてルルーシュの意識をサルベージしようと旅をしていたのであった。 

訪れていた国でC.C.はカレンたちと出会う。なんか軍事力に自信国家にナナリーとゼロが拉致されてしまっていて、それを取り戻そうと潜入していたのだった。

カレンたちと合流してCの世界にアクセスして割とあっさりルルーシュは復活。

世界一拘束着が出てくるアニメ。拘束着好き。 

 

ルルーシュ復活後、包囲から脱出するのは一期の序盤オマージュっぽくてよかった。

 

その後、黒の騎士団とも合流してナナリー奪還作戦を立案。

C.C.とカレンが話してるところ、あ^〜たまらねえぜ。

 

ルルーシュはギアスを駆使して、一気に敵を攻略……していくと思ったが、相手の国の予言おばさんはギアス持ちで死んだら時間が巻き戻せるというチート能力であった。

f:id:fooranshi:20190213001147j:plain

 

時間を巻き戻されてことごとく対策を打たれてしまう。わけのわからない状態の中、絶体絶命のピンチにルルーシュは絶望しかけるが、C.C.が励ます。かわいい。すき。

C.C.の協力を得て、予言おばさんを追い詰めて倒す。

予言おばさんがナナリーをさらったのはナナリーを鍵にしてCの世界の深淵にたどり着き、時間を巻き戻してやり直しをしたいというものであった。

f:id:fooranshi:20190213001619j:plain

 

予言おばさんが使ってたCの世界アクセスマシーンでナナリーの意識を取り戻そうとCの世界へ。ギアスをかけて脱しようとするも人の意識に押し上げられて元の世界に。ここ逆シャア

f:id:fooranshi:20190213001905j:plain

 

元の世界に戻ったルルーシュが目を覚ましたことを確認したC.C.は一人その場を去ろうとする。理を外れた者のさだめ……さみしいなぁ。

f:id:fooranshi:20190213002604j:plain

 

そんなC.C.を追いかけるルルーシュ

ルルーシュはC.C.と共に生きるということを告げる。

そこでC.C.は……はぁああああああああ(語彙力喪失)

// ここに後でC.C.の最後の表情について長文怪文書を書く

 

C.C.視点で書きすぎ?

復活のルルーシュはC.C.の物語だから当たり前だよなぁ……。

スザク? まぁスザクの話はゼロレクイエムで完結してるから……。

カレン? カレンは敗北者じゃけえ。

f:id:fooranshi:20190213003027j:plain

 

ロボットアニメなのにロボットのこと話してない?

だってあんまり戦闘面白くなかったんだもん。四つ足はあんまり好きじゃないし、びゅんびゅん飛ぶのは前からそんなに好きじゃないし。ただまぁ、コーネリアの戦闘は楽しかった。

 

続編……はどうなんだろう。ギアス絡みの話で出来ないこともないかもしれないけど、完全にロボットアニメじゃなくなりそう。今回ので割と満足なんで続きはまぁやってもやらなくてもいいよ。

 

「Pripara Friendship Tour 2019 プロミス!リズム!パラダイス!(プリパラツアー2019)」レポか感想か何か(2/9,10夜)

f:id:fooranshi:20190210104734j:plain

行ってきましたヨーソロー(2/9,10夜)

控えめに言って最高すぎました。特に土曜日は楽しみすぎて開演の二時間前にはなぜかマイパマにいました。家に居ても居ても立っても居られなかったので。はい。

物販はペンライトとパンフだけ買いました。このペンライトかなり使い勝手がいい。キーホルダー? ちょっとわからないですね……。

 

公演の流れは最初にライブを二曲。その後に大喜利、朗読劇と来て最後にライブをノンストップで、というもの。

 

セトリはこんな感じ。

fooranshi.hatenablog.com

 

fooranshi.hatenablog.com

 

2/9昼についてはツアーの初回ということで初期曲がメインのように思います。ドレシの選曲がそらみの選曲に合わせた感じですね。

『HAPPYぱLUCKY』と『CHANGE! MY WORLD』、『トライアングル・スター』と『ラン♪for ジャンピン!』の対応的な。

逆に夜はそらみがドレシに合わせる格好に。『No D&D code』→『Get Over Dress-code』というどエモい繋ぎ。

このドレシの構成は2/10にも継承されてました。両日とも夜公演だったので贔屓曲のチェンマイRealize!が聞けなかったのがちょっと残念でした。次の機会(あることを確信)でお願いします(切実)

そして何より2/10は新曲のオンパレードで頭がおかしくなるかと思いました。全公演で歌うであろうツアー新曲に加えて三曲の新曲。今まで曲に恵まれなかったとは言えばそうなので妥当と言えば妥当なんですけど放送終了しててこれはすごい。

これ見たことで大阪公演でも新曲祭りなんじゃないかと。ドロレオとかしゅうかとかWITHとか。そもそも大阪はシークレットもあるのでは? チケ取ればよかったと激しく後悔。

f:id:fooranshi:20190212001136p:plain

 

個人的に良かったのは、『トンでもSUMMER ADVENTURE』と『アメイジング・キャッスル』

『トンでもSUMMER ADVENTURE』はまさかやるとは思いませんでした。まぁよくよくメンバー見れば確かになんですけど全然気がつきませんでした。ドリームシアターライブもっとやって欲しい。

あとは『アメイジング・キャッスル』はめちゃくちゃ刺さって普通に涙ぐんでしまった。一番心をぐらつかされた。やっぱガァルマゲって尊いわ。

 

また、今回のツアーは今までやってこなかった朗読劇もやってくれました。ツアーのための書き下ろしで笑いあり感動ありでプリパラの世界が表現されてました。「あっ、らぁらちゃんがいる!(女児並みの感想)」みたいなこと思った。

朗読劇は各チームごとにやっていくという流れ。

アドリブがたくさんあって楽しかった(小並)プリチャン中の人ネタがたくさんあって楽しかった(小並)

 

・それぞれかいつまんだ感想というかメモというか感想(2/9夜)

そらみが未来の自分にお手紙を出すというギャグもあるけどちょっとほっこりとした内容。そふぃが読み間違えてたのが可愛かった(推しがバレバレ)

ドレシはどうすれば神アイドルになれるのかということを話し合うという内容。頑張れドレシ。お前らがナンバーワンだ。

f:id:fooranshi:20190212001220j:plain

アイパラチームはファララに似合うコーデは何か? というちょっとギャグテイストの内容。

 

・それぞれかいつまんだ感想というかメモというか感想(2/10夜)

マイドリはそれぞれの趣味嗜好は合わないけどやっぱり仲良しだということを再確認される内容。

f:id:fooranshi:20190212001559j:plain

これ思い出した

 

ガァルマゲは肉まんを作ろうとして爆発するという内容。やっぱりあろまはガチ百合だということが分かってあら^〜ってなるね。

ドレシは神アイドルになるための活動資金を集めるためにしおぽよするという内容。普通にいい話だと思った(その説明では伝わらない)

 

前も言ってたけどドロシーがドロシーすぎてこんなんドロシー推しになるわってなった。ドロシー好きだぞ!

次の日(2/10)には夜公演前に東京駅のプリズムストーン行ってチーム対抗選挙、ドレシに入れました。

ドレシに、入れよう!(なおそふぃ推しなのでそらみのオタクのもよう)

 

あー、それにしても絶対四月も行きたい。全通も辞さない(ご用意されるとは言ってない)

f:id:fooranshi:20190212002123j:plain

 

「Pripara Friendship Tour 2019 プロミス!リズム!パラダイス!(プリパラツアー2019)」2/10セットリスト(自分用)

f:id:fooranshi:20190210104734j:plain

 

昼公演

※ライブパートのみ

  1. Make it!/出演者全員
  2. Love friend style/出演者全員
  3. チクタク・Magicaる・アイドルタイム!/ゆい
  4. あっちゃこっちゃゲーム/にの
  5. GOスト♭コースター/みちる
  6. 快打洗心♡カッキンBUDDY/にの、シオン
  7. Twin mirror♥compact/ドロシー、レオナ
  8. アメイジング・キャッスル/ガァルマゲドン
  9. 神曲!〜Gaarmage Tourism〜/ガァルマゲドン ※新曲
  10. ハートフル♡ドリーム/MY☆DREAM
  11. ピュア・ハート・カレンダー/MY☆DREAM ※新曲
  12. CHANGE! MY WORLD/DressingPafé
  13. ラン♪for ジャンピン!/DressingPafé
  14. しーくれっと!ラタトゥイユ/ガァルマゲドン、みちる ※新曲
  15. Crue-Sing!Friend Ship♡/出演者全員 ※ツアー新曲
  16. レインボウ・メロディー♪/出演者全員

 

夜公演

※ライブパートのみ

  1. Make it!/出演者全員
  2. Love friend style/出演者全員
  3. チクタク・Magicaる・アイドルタイム!/ゆい
  4. あっちゃこっちゃゲーム/にの
  5. GOスト♭コースター/みちる
  6. 快打洗心♡カッキンBUDDY/にの、シオン
  7. Twin mirror♥compact/ドロシー、レオナ
  8. アメイジング・キャッスル/ガァルマゲドン
  9. 神曲!〜Gaarmage Tourism〜/ガァルマゲドン ※新曲
  10. Believe My DREAM!/MY☆DREAM
  11. ピュア・ハート・カレンダー/MY☆DREAM ※新曲
  12. No D&D code/DressingPafé
  13. Get Over Dress-code/DressingPafé
  14. しーくれっと!ラタトゥイユ/ガァルマゲドン、みちる ※新曲
  15. Crue-Sing!Friend Ship♡/出演者全員 ※ツアー新曲
  16. レインボウ・メロディー♪/出演者全員

 

 

 感想は後ほど……

「Pripara Friendship Tour 2019 プロミス!リズム!パラダイス!(プリパラツアー2019)」2/9セットリスト(自分用)

f:id:fooranshi:20190210104734j:plain

昼公演

※ライブパートのみ

  1. Make it!/出演者全員
  2. Love friend style/出演者全員
  3. HAPPYぱLUCKY/SoLaMi♡SMILE
  4. トライアングル・スター/SoLaMi♡SMILE
  5. CHANGE! MY WORLD/DressingPafé
  6. ラン♪for ジャンピン!/DressingPafé
  7. Realize!/SoLaMi Dressing
  8. チクタク・Magicaる・アイドルタイム!/ゆい、ファララ
  9. ま~ぶるMake up a-ha-ha!/らぁら、みれぃ
  10. Miss.プリオネア/しゅうか
  11. トンでもSUMMER ADVENTURE/ドレッシングふらわー
  12. Crue-Sing!Friend Ship♡/出演者全員 ※ツアー新曲
  13. レインボウ・メロディー♪/出演者全員

 

夜公演

※ライブパートのみ

  1. Make it!/出演者全員
  2. Love friend style/出演者全員
  3. Pretty Prism Paradise!!!/SoLaMi♡SMILE
  4. トライアングル・スター/SoLaMi♡SMILE
  5. No D&D code/DressingPafé
  6. Get Over Dress-code/DressingPafé
  7. Ready Smile!!/SoLaMi Dressing
  8. チクタク・Magicaる・アイドルタイム!/ゆい、ファララ
  9. ブランニュー・ハピネス!/らぁら、ゆい
  10. Miss.プリオネア/しゅうか
  11. トンでもSUMMER ADVENTURE/ドレッシングふらわー
  12. Crue-Sing!Friend Ship♡/出演者全員 ※ツアー新曲
  13. レインボウ・メロディー♪/出演者全員

 

 

感想は後ほど……

『ガールズ&パンツァー 劇場版Variante』4巻を読んだ

 

f:id:fooranshi:20190126003531j:plain

 

最近『Variante』の記事が読まれてるなと思ったら4巻が出てたので急いで購入。

これまでの感想はこんな感じ。

fooranshi.hatenablog.com

 

fooranshi.hatenablog.com

 

いやー、なんていうか。やっぱりこの漫画の補完はいい! 本編の流れの中に秀逸な補完が組み込まれていてとても小気味いい。毎回言ってる気がするけど毎回言う。

特に今回は1ページめくるたびに声出して悶えてたりしたのでなかなか読み進められませんでした。

いい仕事してますねえ!

 

まず表紙で、ああ……よか……(推しカプばればれ)

とりあえずバレ注意ってことで、レッツイゴー!

 

 

最初のエピソードは実はアッサムが大洗に潜入していたよというお話。

アッサム諜報員設定ここで使われるとダージリンのその後の動きがとても自然だ。生徒会もダージリンと繋がってて生徒会の株がまた上がってしまうよ。でもあれ、かーしま先輩……。

 

 

次のシーンは他の学校が加勢してくれる場面。

 

大活躍して廃棄車両とか余った糧食とか気持ちよく分けてもらおうね

ミカ! 

継続参戦も薄く理由づけされてた。やっぱり簒奪者じゃないか。

 

西ダジポイントはダージリンと西さんが隣のコマだったのでこれは西ダジですわ(トートロジー

 

やあやあ西住さん

アンチョビのこれ好き(推しがバレバレ)

P40で来られたら勝てなくなるのでずっと修理してて欲しい。修理の寄付を募るアンチョビぐうかわ(推しがバレバレ)

好き(推しがバレバレ)

 

さて、ナカジマ先輩のありがたいお話の後(ここはマジでいいこと言ってるから買って読め(豹変))

大洗の生徒がそれぞれ因縁を持つ相手に挨拶するという胸熱イベントが発生。

 

アンツィオはひなちゃんたかちゃんの一コマで即和解(元々仲良し)

秋山、エルヴィンはプラウダに相手をおだててことなきを得る。

黒森峰の直下さんは、ヘッツァー小山を前に複雑な心境。

ヒルさんチームとルクリリは……キャプテン、いちゃいちゃ禁止です。オレンジペコのフォローでしっかりと味方に。オレンジペコはやっぱり苦労人そう。

 

このエピソードで急造チームでチームワークぅがそれなりに出来るような関係になりましたという説得力を持たせてるんですね。うんうん。

 

作戦会議のシーンはやっぱり逸見が不憫で笑う。

アンチョビが色んなキャラと絡んでて嬉しいゾ〜。

 

突撃の極意をまほから学ぶようにダージリンから言われた西さん。さりげない西ダジ、俺でなきゃ見逃しちゃうね。

f:id:fooranshi:20190126010111j:plain

 

まほが西さんに教える場面を通じて、カチューシャを交えながら彼女と逸見との関係が描かれているのがたまらねえぜ。

逸見はまほに無関心に扱われているんじゃないよ。ちゃんと考えられているんだよ。

やっぱり逸見はいい。よか(推しがバレそう)

 

それではお待たせしました。

みほエリの時間だああああああああああああああああ

 

みほエリが謎乗り物(クーゲルパンツァー)で一緒に移動するんじゃよ。

f:id:fooranshi:20190126010824j:plain

 

戦いの前で険しい顔のみほ。それを見て提言するエリカなんじゃが

 

お姉ちゃんやエリカさんの前だと…つい

あああっ。これはみほのデレポイントだったのに、逸見これをスルー。

f:id:fooranshi:20190126011340j:plain

 

チームメイトの話になって

…みんな大切な友達なんだ

と言うみほに逸見は

楽しそうね。そっちに行ってから

 とか

よかったんじゃないの

逸見〜〜〜〜〜〜。お前本当に逸見だな。

終始複雑な表情してるし、なんなんだよ逸見。

はー、逸見マジ逸見。

みほとしては逸見に対して一定の信頼というか安心感みたいなものを実は持ってたりするんだけど逸見サイドはみほに対する複雑な感情(憧れのまほの妹という立ち位置、自分に持っていない才能、西住流らしからぬ行動を取る彼女へのやきもき。果ては黒森峰を出る喜びを感じるみほへの憤り。まぁここら辺はフェイズエリカを読んでくれ)が大洪水でやっぱり素直になれなくて近づけずにいる。ぶっちゃけ逸見はもっとみほと仲良くなりたい、もっと愛されたいわけだけどやっぱり素直になれなくて(2回目)それに今の楽しそうなみほの姿は自分のところでは見れなかった姿であってそれを羨ましがっているというか、何か眩しいものを陰から恨めしく思っているやっぱり素直になれない(3回目)そんな逸見の表情が104ページの最後のコマで表現されているんだよなぁ。

 

でもこの微妙な関係がみほエリの真骨頂なんだよなぁ。

f:id:fooranshi:20190126011921j:plain

 

 

逸見劇場の後は大学選抜チームに対する補完。

一言で言うと大学選抜チームもこの時強くなかった(+島田愛里寿にデバフがかかってた)みたいなことが描かれてます。

 

役人も出てくるぞ! この漫画の役人は可愛い!(だが氏ね)

島田愛里寿にカール君を全否定されて、むしろお荷物みたいな言もあり、足枷その1

 

さらに試合開始直前で島田ママから勝てば大洗が廃校になるという話を受ける。精神攻撃は基本。足枷その2

 

そして、家元二人の大人の会話。

大変申し訳ないけど、娘より多いエロ同人のせいで頭に入ってこない。

怒られそうなので、次の大前提を胸に刻み直そう。

「公式と二次創作を混ぜてはいけない」(このコミカライズは半二次創作みたいなところ(正史ではないという意)もあるが)

 

そして足枷その3

大学選抜チーム実はそこまで強くない説。

社会人チームとの試合も後半島田愛里寿無双で勝っていたという。

他のチームメイトは島田流の技を前にして皆自信を失って不調になっていたという。

 

そんな三重苦の島田愛里寿がチームメイトを激励。

不調な大学選抜チームの士気も高まったところでこの巻はおしまい。

 

 

次の巻が最終巻になるのでしょうか。

完結したら劇場版見ながら都度都度止めて『Variante』を読むみたいなことをやりたい。いや、やろう。