限界虚無オタク録

限界虚無オタク録

アニメや漫画の感想を書いたり、たまに日常のことだったりのオタクブログ。

『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』【感想】※ネタバレ注意?

f:id:fooranshi:20190601202159j:image

やっっっっっっっと見てきました(6/1)

 

滅茶苦茶面白かった。感情がぐちゃぐちゃにされた。

f:id:fooranshi:20190602210249j:plain

見てるときのぼく

 

相変わらず団体競技での部活特有の人間関係の中で久美子が奮闘したり、しなかったりする話だけどそんなことより

 

やっぱり久美子と麗奈が最高でした。

二人ともノンケのくせに百合百合しやがって〜。あ^〜すこなんだ。

下級生にも言及されてて笑った。

f:id:fooranshi:20190602210657j:plain

ここセ○クスのメタファー

レズセ○クス(暗喩)シーンが三回くらいあって良かったと思った(小並)

二時間それだけやれ(無茶苦茶)

 

 

少し真面目な話をしよう。

話の基本線は、二年生になって、下級生が入ってきて、さぁ大変って感じ。

 

新入生のクセがスゴイ

f:id:fooranshi:20190602211343j:plain

 

一人はサファイア川島が秒で解決してた。やっぱサファイア川島って神だわ。

 

定時ネキのくだりでお手本のような日陰と日向を使った心理的な演出があって、「お手本のような日陰と日向を使った心理的な演出だぁ」って言ってた(映画館ではお静かに)(口に出してない)

 

このくだりが今作のラスボスの布石にもなってた。(定時ネキが久美子のいる日向に戻っていくところで奏は日陰に残ってた)

f:id:fooranshi:20190602212249j:plain

奏ちゃん腹黒でまぁまぁ好き。

 

TVシリーズではガチ勢とエンジョイ勢についてがテーマだったけど、それはTVシリーズまでで乗り越えたので、今回は学年での実力のあれこれがテーマに。

球漫画とかでよくあるアレ。

オーディションであんだけ騒いだわりにユーフォは3枚体制で拍子抜けだったけど。

 

あとは合宿とかあってさらっと関西大会出場決まって関西大会で演奏。一応強豪校になったってことで練習がつらいみたいな描写は不要という判断かな?

演奏はすごいと思った(小並)ちらちら映るガチ百合カップルで笑う。

 

そして、割とさらっと負けて全国には行けず。

f:id:fooranshi:20190602213159j:plain

 

言っちゃ悪いけどEDの曲が余韻を感じさせないようなサイリウム折りたくなるような曲で笑った。

 

Cパート(?)でついに部長に上り詰めた久美子三年生。

というところで終わり。

 

これ三年目あるのかなぁと思ってツイッター見てたら、ユーフォ3年生編が決まっててタイムリーだった。さてはぼくが見るまで発表待ってたな?

 

 

 

『プロメア』見た【感想】

f:id:fooranshi:20190602204602j:plain

見てきた(6/1)

あんまり面白くなかった。最初の30分のアニメーションがピークで後はもう見所ない。

(クレーン車でハシゴで射出するところとか序盤のメカは良かった)

 

吹き替えも相まって話を勢いで押し切れてなくてちぐはぐだった。

 

企画とかの偉い人にグレンラガンっぽいの作りましょうとか言われたのかな?

 

なんだかそんな感じ。

 

以上。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』見た

f:id:fooranshi:20190505140215j:plain

この時を待っていた。やっと見たぜエンドゲーム(5/3)

 

前回はこちら

fooranshi.hatenablog.com

 

アベンジャーズの集大成でした。期待のハードルを普通に超えていきました。

まぁ、ネタバレしかしないのでそこんとこ注意でお願いします。

 

冒頭はホークアイの家族が指パッチンされて消されてしまう場面。

 

そして、宇宙を漂流するトニー。

あかん、もう死ぬぅ!ってなった時にキャプテンマーベルの救助が。

 

キャプテンマーベルの力で地球に戻ったトニーはキャップに(ウルトロンとかシビルウォーの時のことについて)ブチ切れながらアベンジャーズを脱退。

残ったメンバーは、サノスをファ○クしてインフィニティストーンを取り戻そうとするも、サノスはインフィニティストーンを自ら破壊して、隠居農夫おじさんになっていた。

サノスがあっさり殺されて、五年後ってなったのはいい意味で裏切られました。

八つ当たり気味にソーがサノスを殺害するも、人口の半分は奪われたまま、五年が経過する。彼らの時間は止まったままであった。

 

そして、アントマンが量子の世界から帰ってくることで彼らの時間が動き出す。

ラングは自身の体験から量子の世界を介したタイムトラベルが出来るのではないかと話す。

そのことをトニーに話しに行くが、トニーは家庭の中で静かに暮らしており、協力を拒む。

そこでもう一人の天才であるバナー(ハルク)に協力を仰ぐ。

バナーはハルクと和解して、理性を持ったままハルクになることが出来るようになっていたりした。

一方、トニーは思いつきでタイムトラベルの理論を完成させる。

牧瀬紅莉栖かな?

f:id:fooranshi:20190505142250j:plain

エンドゲーム的には過去を変えても未来は変わらないのでシュタゲは否定されてしまったけど。

 

トニーは覚悟完了して、キャップらの元に。

そして、離脱していたソーとホークアイも仲間に引き戻す。

ソーはアル中になってかなり太っていたり、ホークアイは悪人を殺して回ったり、と五年の間の失意が表現されていた。

 

ピム粒子によるタイムトラベルを完成させて、インフィニティストーンを過去から持ってきて、指パッチンして消えた命を戻そうとする作戦を立てる。

チーム割はこんな感じ。

 

A ニューヨークチーム

キャップ、アイアンマン、ハルク、アントマン

 

B アスガルドチーム

ソー、ロケット

 

C 宇宙(モラグ、ヴォーミア)チーム

ネビュラ、ローズ

ホークアイブラックウィドウ

 

ヴォーミア、ソウルストーン。あっ(察し)

キャップ vs キャップとかウィンターソルジャーのオマージュ、助かる。

アベンジャーズの後日談(?)も地味にあって良かった。

 

BIG3(キャップ、アイアンマン、ソー)はそれぞれ過去に行って重要な人物と出会う。(キャップとアイアンマンはスペースストーンを取り逃がして1970年代までジャンプ。ついでにピム粒子の補充にも行った)

アイアンマンであるトニーは偶然にも自分の父親と対面。自分を愛してくれていたことを知る。

ここ狂おしいほど好き。

ソーは母親と対面して、あるべき姿ではなくありのままに生きようと思い直す。

ここのび太とおばあちゃん思い出した。

f:id:fooranshi:20190505144123j:plain

キャップは彼女をガラス越しに眺める。会ってないやん!(ここ伏線)

 

なんだかんだ全てのストーンを手に入れた。

ブラックウィドウが死んでしまって悲しかったけど、多分見てる人はインフィニティストーンで生き返るんやろって思ってたと思う。

f:id:fooranshi:20190505144427j:plain

それを作り手も読んでか「もう戻らない」と強調してたし、実際に生き返らなかった。犠牲になったのだ。

f:id:fooranshi:20190505144513j:plain

 

指パッチンすると自身も大ダメージを負うということで、ハルクがその役を負うことに。指パッチンが比喩とかじゃなくて本当に必要な行動なのが面白い。

指パッチンすると、消えた人々が全員元どおりに。

よし、エンドゲーム完!と思ったら、基地がサノスの船によって爆撃を受ける。

 

今回の戦犯

f:id:fooranshi:20190505144832j:plain

過去に戻ったときに、まだサノス側だったその時代のネビュラと混線を起こして、サノスを五年後に引き入れる手引き役になってしまった。

 

BIG3 vs サノス

ここ激アツ

キャップがソーのハンマー(過去から持って帰ってきていた)を使うところ、かっこよすぎィ!

f:id:fooranshi:20190505145211j:plain

 

しかし3人がかりでもサノスに勝ちきれない。

しかも、サノスの軍勢が押し寄せてくる。もうだめだ。おしまいだぁ。

 

からの全員集合。

f:id:fooranshi:20190505145502j:plain

からのキャップのアッセンブル激アツすぎる。

 

ここの戦闘シーンはすこすこポイントが多すぎて書ききれない。

とりあえず、キャプテンマーベルはサノスの船を単騎で破壊してたりしてつよつよだった。

 

インフィニティストーンリレー(インフィニティストーンをサノスに奪われないように元の時空に戻そうとする動き)は、

ホークアイブラックパンサースパイダーマン→キャプテンマーベル→サノス

 

異 物 混 入

サノスの手に渡ってまた指パッチンされそうになっていたのをアイアンマンが奪取。

→アイアンマン

ドクターストレンジはやっぱここまで読みきってたんすねぇ。

そして、「私はアイアンマンだ」からの指パッチン返し。敵を全滅させる。

 

しかし、アイアンマンは指パッチンの衝撃に耐えきれずに絶命。ヒーローとして死んでいった。

ぶっちゃけアイアンマンかキャップのどっちか死ぬだろうなとは思ってたけど、いざ死亡シーン見ると普通に悲しい。

 

その後。

ソーは、スターロードともに宇宙の旅に出る。

キャップは、集めたインフィニティストーンを元の時空に返す役目を負うが、装置で元の時代には戻らずに、おそらく1970年代あたりから人生をやり直したのであった。

キャップの失われた時間が取り戻されたんやなって。

 

最後のダンスのシーンは流石に泣く。

f:id:fooranshi:20190505150716j:plain

 

 

ということでアベンジャーズ/エンドゲーム最高でした。

今回の作りもあって、他のMCU作品を全てカバーした方が絶対いいんですけど、最短ルートはやっぱこうかなと思いました(多分これが一番早いと思います)

 

アベンジャーズ

ウルトロン

シビルウォー

インフィニティウォー

エンドゲーム

 

は? にわか乙ってなるかもしれないけど、気になったキャラクターがいたらその作品を見るっていうのもありなんじゃないかなと思います。

そして、もう一回アベンジャーズを見直せばええんや!

(ぼくも全作品は見れていない)

 

『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-(キンプリSSS)』第IV章【感想】(※ネタバレ注意)

f:id:fooranshi:20190323230818j:plain

なんか初日に見て来てしまった(5/4)

 

前回まではこちら。今回は最後なんで今までのリンク貼っちゃう!

fooranshi.hatenablog.com

fooranshi.hatenablog.com

fooranshi.hatenablog.com

 

キンプリSSSやってる間にやってたRLの無料配信見たので、究極完全体になった(なおAD、DMFは見ていないもよう)

 

このブログを書きながら、答え合わせも兼ねてキンプリの劇場版の方を流しているんだけど、全く集中できない(謎の愚痴)多分文章がめちゃくちゃになる(予防線)そこはライブ感を楽しんでもらえればいいかなと思う(意味不明)

 

というのは置いておいて最終章とも言える第4章について書いていこうかなと。

今回は物語の核心に触れるんだろうなぁというキャラクターに焦点が当たっているのは確定的に明らか。

 

というわけでネタバレ注意になります。

 

一言で言うとエヴァンゲリオン遊戯王GXだった。

f:id:fooranshi:20190504225418p:plain

 

何言ってんだこいつだと思うんで、順に整理したい(できるとは言ってない)

 

ルヰの正体が、りんねちゃん(概念)というのはもう分かってたけど、シン(シャイン)もりんねちゃん、ちゅーかプリズムの使者だったのは驚き。もっとアクエリオン的な前世がどうのとかいう壮大な感じかなと予想してた(アクエリオン的な要素もあるが)

おいおい、シャインって誰だよってなるけど今まで意味深に出てたこいつ。

f:id:fooranshi:20190504225946j:plain

 

シンはなんかこいつに取り憑かれていたみたいな状態で、それを抹殺しろみたいな指令をプリズムワールドから受けていたのが、ルヰだった。

 

今まで思ってたプリズムワールド

f:id:fooranshi:20190504232640j:plain

実際のプリズムワールド

f:id:fooranshi:20190504224950j:plain

プリズムの神?が完全にゼーレだし、めっちゃエヴァンゲリオンだった。

ゼーレに茜屋さんと久保田未夢がいて草生えた。そらみスマイル黒幕説。

 

このシャインはなんでシンに取り憑いてるのってなるけど、それはよく分からん。なんか交通事故的なようにも見えた(別の言い方をするとたまたま)

さっきシャインもプリズムの使者って書いたけど、りんねちゃんとは違って男性型の使者として作られてた。プリズムの使者ってなんかプログラムされたホムンクルス的な存在だったという衝撃の事実。

 

関係ないけどこの辺でやっぱり集中できなくなったから、キンプリを裏で流すのをやめた。

 

そのシャインは(ルヰになる前の)りんねちゃんにはるか昔(千年とか言ってけど本当か?)に封印されていた。それはシャインがプリズムの煌めきを正しく伝えずに自分がステージに立つという暴走状態になっていたからだった。バグのせいみたいに言われてたけどバグは出るから多少はね(SE並みの感想)

f:id:fooranshi:20190504231933j:plain

シャインと同時に送り込まれていた(ルヰになる前の)りんねちゃんは抹殺するように言われたけど封印するにとどまっていたのは、(ルヰになる前の)りんねちゃんがシャインにマジLOVE1000%だったからだった。

りんねちゃんイケメンに弱い説。そして、愛が深い。

f:id:fooranshi:20190504232418j:plain

なるちゃんと一緒にいたりんねちゃんは記憶を失って酸素欠乏状態だったから逆にまともに機能してたっぽいけど、これ他の世界大丈夫なんですかね。ちょっとガバガバすぎんよプリズムワールド。

普通になるちゃんりんねがアプデ後の個体だったんだとも思うけど。使命に忠実だし、愛も重すぎないし。まぁ人間味が薄いとも言えてしまいそう。りんなる的に大丈夫?

 

そして、なんかシンに取り憑いて復活しつつあるシャインをりんねちゃん(ルヰ)はまた封印したり、解除したりするわけだけど、それはルヰがシャインをマジLOVE2000%だったからだった。

そんなルヰは、シャインの面影を感じながらシンとデート(直球)して、シン自身に惹かれているということに気が付く。そ、そうか。ルヰんねちゃん惚れやすすぎるけど大丈夫?

 

ルヰのプリズムショー中に、シャインが覚醒。

元々、ルヰの力の一部を前作で渡してしまっていたので、そこから一気に力を吸い取られてしまった。

シャインが完全に乗り移ったシンが圧倒的なこわこわプリズムショーをするけど、得点は0点。

こわこわプリズムショーは人を笑顔にするつもりのないオナニーであったということをジュネ様は指摘する。※ジュネ様はそんな下品な表現はしていません。

 

すっきりして満足したシャインは、アップデートを開始して、スリープモードに。

これは完全体になったシャインと戦うんやろなぁ……(すっとぼけ)

 

自分の(無自覚で)やったこわこわプリズムショーに憤りを覚え、気絶していたシンもユニットショーに参加。

というかシャッフルに何か混じってましたね……。

f:id:fooranshi:20190505000149j:plain

 

初手謝罪をするシンはプリズム罵詈雑言(これもまた四字熟語だ!)を受ける。

なんかよし、許されたな!ってなったと思ったけど、観客の中にガチ泣きしている女の子を見つけてショックを受ける。それもまぁ、許されたな!ってなった後に、7人でのライブをする。

なんかエンゲージしてたら、プリズムワールドから強制シャットアウト。プリズムの煌めきが失われた。プリズムの煌めきってなんだよ。プラフスキー粒子か何か?

 

あんなに頑張って守った世界が割と簡単に終わってしまった。

f:id:fooranshi:20190505000726j:plain

 

と思ったけど、エンゲージした観客の歌声によってプリズムの煌めきが復活。ファルルも目を覚ましそう。

f:id:fooranshi:20190505001416p:plain

 

煌めきを失った世界に新しいプリズムの女神が誕生して、プリズムの煌めきが復活する。プリズムの女神は集合的無意識だった……?

アプデしている間にシャインは、7人のプリズムショーで封印される。ジュネ様とルヰ以外よく分かってないけどなんとなく世界は救われたのだ。

 

その後。

ユニットショーで満点を取るも、総合的には敗北。ジョージがチャンピオンになった。

エーデルローズは借金で終わるかと思ったけど、微妙に改心した仁さんが四ツ谷の買収を取りやめる。

なんか皆その後いい感じの人生を送って、太陽は昇るよ永遠にってなっておわり。

爽やかっぽいけどどこか苦味を感じるそんな終わり方だと思いましたまる

 

色々書いたけどまぁ結局こんな感じ。

f:id:fooranshi:20190504231051p:plain

これまでのキンプリの流れを総集編的に見せて答え合わせしつつ、考えてた設定をぶつけてきている感じ。尺がないからしょうがないね。

 

よく分からなかったこと

・時系列

よくわかりませんでした(匙投)

ひびきなんたらとか、ルヰんねとシャインの時代とか。

・シンの月のマーク

太陽がシャインだとすると、月はりんねだと思うから封印的な意味かと思ったけど付いたり消えたりしてプリズムショーが出来たり出来なかったりしてよく分かんなかったです(匙投)

・タイガのペアとも

ストリート系には付与される仕組みなの?

・謎の名前のリスト

よくわかりませんでした(匙投)

 

今後について

続編も出来る余地を残しつつも、作品としてひとまず形にしたぞという印象を受けました。

 

シャイン問題も解決してないし、プリズムワールド問題も解決していない。謎のペアともも謎のままである

もし、続編をやるならこの辺りに決着をつけるんだろうなぁ。

 

次はプリズムワールド編かな?(まるで少年漫画みたいだぁ)

 

館山に行ってきた

f:id:fooranshi:20190503232452j:image

館山に日帰りで行ってきた(5/2)

 

なんか浜焼きしたくねってなって館山まで行って浜焼きしてきました。

GWなのでさすがに渋滞してました。

行ったのは、漁師料理たてやまさん

f:id:fooranshi:20190503232535j:image

全然気が付かなかったけどこの店はなんと四年前にも来ていた……。

f:id:fooranshi:20190504001819j:image

 

浜焼きで食べ放題をキメた後は、海で撮影したくねってなって海に行きました。

沖ノ島というところに行きました。

沖ノ島無人の陸繋島で何気なく行った割に良さげスポットでした。今の時期は釣り人が多かったんですけど、シーズンになったら普通に海水浴で混みそうな感じでした。

f:id:fooranshi:20190503232409j:image

 

最後に温泉行きてえなぁってなって里見の湯さんに行きました。

f:id:fooranshi:20190503232748j:image

やっぱ温泉って気持ちいいですね。サウナもあって大満足でした。

風呂上がりにフルーツ牛乳を飲もうと思ったけどフルーツ牛乳がもう生産されていないことを知るぼく……(悲)

 

車内でアマガミを見て発狂しながら帰りました。(こいつらいつもアマガミ見てんな)

f:id:fooranshi:20190504001346g:image

七咲編を見ていたのでおでんを食べたくなっておでんを食べに行きました(限界)

f:id:fooranshi:20190503232707j:image